アドレナリン

Image Replacement

アドレナリンの働き

アドレナリンは良く聞く言葉ですが、有名なホルモンの1つです。副腎髄質から分泌されるホルモンで、副腎質ホルモンの中でも有名ですね。

またアドレナリンの別名をエピネフリンとも言います。主な役割は、血液中の血糖値を上げる働きを持つホルモンです。例えばストレスは筋肉量を減少させる原因の1つですが、脳がストレスを感じるとアドレナリンを分泌して、血糖値を上げようとします。

血糖値を上げるにも体内に糖がストックされていないと血糖を上げられないわけです。肝臓にグリコーゲンと言う形で貯蔵されていますが、糖は色々な器官で使われます。

ストレスの際の多くは筋肉を分解して糖を作りだします。つまり、筋肉量が減少して行くことになります。

アドレナリンは血糖値の増加以外にも交感神経にも働きかけます。つまりストレスが強いと交感神経が過敏に働きますが、適度な交感神経の働きは、楽しさ、明るさなどありますが、過剰に交感神経が働いている状態は不安や疲労、怒りを生じます。

また血圧も高くなる傾向にあります。交感神経が働き過ぎると、筋肉の収縮が強くあるので、血管の弁が閉じやすい状態になります。

そうすると心臓は一回の血液量を増やすため、心拍出量も増えるため血管の壁を拡張するようになるので血圧が向上します。

交感神経の働きが強いと、脂肪の分解も進みます。先程説明したように筋肉が収縮しやすくなりますので、脂肪も分解されやすいという事が伺えます。

非常に良さそうですが、興奮しやすかったり情緒不安定、ストレス過多という事にも繋がりますので、良い事ではないです。またお腹がすく事も多く、良く空腹感を覚える事も多いようです。

つまり心身リラックスしにくいという事が挙げられます。アドレナリンの分泌のバランスを良くするためにはやはり適度な運動が必要ですね。

その他

スポンサードリンク

青田典子の自宅で簡単にで
きる!【ビューティブル・ダイエット】
itohiro9.com
☆モデ痩せ - 芸能人と
女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法
556angro29.net
1日7分☆モデル育成楽ち
んダイエット
6855satomi142.com
ダイエットのプロがあなた
を徹底サポート「コウヅ式体質改善ダイエット」(動画・DVDマニュアル
tombee1023045.net